スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

定石の勉強|定石辞典

---2011.1の記事---
最近ちょっとYahoo!モバゲーの囲碁をやってまして、あまりにも布石と定石知らなさ過ぎw で、改めて定石確認したかったけど書籍も何もなしww 敢え無くネットに頼るわけで・・・

棋譜だったらデータさえあればいいが、定石っていったら個々の考えや時代背景やら流行やら新手やらでなかなか定石をソフトにするのは大変な作業そうですな・・・

で「囲碁 定石 ソフト」なんて検索したらこの記事が10位以内にあったんでちょっと更新w 調べてみると基本定石事典の最新版があるみたいですね。高尾紳路プロが書かれたようです。たかお日記に作成の大変さが・・・布石音痴な私には必須っぽいな。日本棋院の解説こちら



---2007.9の記事---
最近定石を調べたくなることが何度もある。困ったことに定石の本が手元になにもなくどうしようもない状態。これだけITが進んだ社会だけに、定石辞典のソフトがないかと調査中。

今のところ日本棋院の定石大辞典がいいのかなぁとか、四谷囲碁センターのソフトはどれだけ収録されているのか不安だなぁとかです。

どなたかオススメのものがあったら教えてください。また下記辞典の収録数や収録レベルをご存知の方は教えていただけると助かります。

<書籍>
日本棋院の定石大辞典(上・下) 25200円

<ソフト>
四谷囲碁センターの定石大辞典 18000円

<ASPサービス>
パンダネットの基本定石検索システム 月々315円

先日の対局棋譜








黒が私です。
すこぶるこれわいかんなーと思ったのは、
黒75が一路左で、黒79が一路左下かその下かなぁなどと
思ってます。外にもいろいろあるでしょうけども><

以下黎明士さんのコメントを貼り付けて、ちょっと棋譜と比較してみます♪
ーーーーーーーーーーー以下、コメント時系列順ーーーーーーーーーーー
 2次戦突破おめでとうございます。棋譜が新聞に載り始めましたね。感想を少々。
 白8は右上32にカカりたい。白10も。
 黒9は一路右上もありそう。
 白14はつまらない。右上を急ぐ。黒19、白20も。
 黒23は14三ツメがよさそう。
 黒27は28が無難。
 黒33〜37は善悪不明。黒33で15−六ケイマは如何?

第2譜感想;黒41、43は打ち過ぎ。42からアテツぐのが厚い。
        白46は47にアテるところ。黒47は52が勝る。
        白52と2子取っては安心した。
        黒67以下は俗、66の下にオサえるくらい。
        白74は一路左が勝る。
        黒77は他の着点も考えられよう。
        白78は一路左が勝る。
 形勢は黒が良い。


第3譜感想; 黒81は打たずもがな。普通に83と受け、隅は2や         37を狙いたい。
         白84は一路上が勝る。
         白100は意味不明、棋譜の間違いか?
         黒3と守って優勢。
         白8は9にノビたい。15と連れ戻して黒勝勢。
Posted by 黎明士 | 2008/05/02 10:44 AM


ーーーーーーーーーーー以下、コメント時系列順ーーーーーーーーーーー


JUGEMテーマ:ゲーム



メイエン事件簿|読み物

メイエン事件簿

台湾のプロ棋士「周俊勲」を調べていたら上記ページを見つけました。結構面白いのでご紹介!こういう読み物ほかにもあさってみよう♪

ヨセ絶対計算|王銘エン(おう・めいえん)先生著

去年初めて囲碁の本を読んでみましたが一冊程度。2008年はもっと読みたいと思います。ということで、去年買っておいて読んでなかった一冊がコレ!



アマチュアのオジさん相手にはそこそこヨセうまいと言われてたけども、いつも感覚的に打っていただけだ。大きそうだなだの、先手や後手やコウなどもなんの裏づけもなくてもなんとなくいつも良い方向に打っていただけだ。しかしもうちょっとヨセで損しないようにしないとなと思い初めていたわけで購入。実はもう一冊購入済み。

読んでみて「1手の価値」という考え方がすごくわかりやすかったです。この考え方はプロでもみんなやっているわけではないんじゃないだろうか!!著者の王めいえん先生もプロになったあとにこの考え方を知ったらしい(汗)

あと感動的だったのは「コウ」の考え方。なるほど!!!3分の1かーー すげーーーと思いました。2段コウの考え方もしかり!すげーーー感動の連続。囲碁の理論すげーーー

理系の方には絶対オススメのこの一冊。理論派じゃないかたは読まないほうがいいんじゃないかな・・・また1年後とか読み直したいですな!!!


JUGEMテーマ:読書



宮日本因坊戦 決定戦対戦者決まる

いよいよ決定戦の対戦者が決まったようだ。(昨日が準決勝があったようだ)二人とも優勝を何度も経験している方たちなので、名勝負を期待。個人的には谷村さんに負けたので谷村さんが優勝してもらったら、いろいろ言い訳しやすい(笑)

以下 宮日新聞社HPより
山本、谷村さん決定戦 アマ宮崎本因坊戦
 囲碁の第49期アマ宮崎本因坊戦(宮崎日日新聞社主催、日本棋院県連合会後援)準決勝は11日、宮崎市の日本棋院宮崎支部であり、前年覇者の山本淳永世本因坊(宮崎市、7段格)と谷村翼二名誉本因坊(同、7段)が本因坊決定戦(決勝)進出を決めた。

 山本永世本因坊は別宮光雄7段格(同)と対戦。序盤から白の山本永世本因坊が地を稼いだのに対し、別宮7段格は厚みを作って追い込もうと試みるが、山本永世本因坊がコミ(六目半)を生かした堅実な碁で終始リード。最後は別宮七段格が見損じて、190手までで山本永世本因坊が中押し勝ちした。


 本因坊決定戦は25日、宮崎市の宮崎観光ホテルで開催。両者が決定戦を争うのは昨年に引き続き4度目で、山本永世本因坊が二度勝っている。


JUGEMテーマ:趣味



youtubeでお勉強

便利ですね、YouTube。googleをいじっていたら、あなたに合った動画みたいなのが出てきてて、囲碁の動画が!!とりあえずクリック。

>>YouTube動画

韓国語わからん・・・けどハングル文字からして7段と9段のプロの戦いっぽいので10分全部みてみました。印象はノーネクタイやTシャツでの試合。って碁の内容ではないですが・・・碁はグリグリと力碁で恐ろしい・・・

白の星に2の4あたりからさばく手にぶつかったときの変化で、一本はさみつけて継がせてから守っていたが、ぶらさがったらどんな変化になるんだろう・・・だれか教えて。

ちょっと日本語のも探してみようかと★

初のベスト8|宮日本因坊戦

本日ベスト8をかけた試合がありました。なんとか中押しで勝たせていただきました。
握って黒番でのスタート。毎度のことの2連星。序盤2手くらいしびれたんですが、その後はある程度順調なうち回せで差を広げることができたようです。もう少し強くなりたいなぁなんて欲がまたでてきました(笑)次の試合は1ヶ月後。どのくらい強くなることやら。何をすればいいかわかりませんが、碁を打つ暇がないから 本に頼るしかないですな・・・

前回は2時間半の大熱戦でしたが、今回は全8試合のなかで4番目くらいに早く終わりました。長考派の私には珍しくて・・・他の試合も熱戦が繰り広げられていました。


顔写真を撮ってもらうときは、少し賢くみえるかなとメガネをかけてみましたw

来月の試合は宮崎県でも2本の指に数えられる強豪中の強豪ですので胸を借りるつもりで、悔いがないようにぶつかっていこうと思います。よく考えたら、試合であたったことがないかもしれません。どんな棋風かもしれないので、それがリラックスできていいかも。


うろ覚えながらまた棋譜を思い出して並べてみました。最後の30手あたりは順番がいまいちはっきりしません。あしからず。








○白32がしびれたので、黒21に二間高がかりはいけなかったのだろうか・・・
○白36がしびれたので、黒33はいまいちだったのだろうか・・・白38で黒103あたりに打たれたらまたもやしびれたはず。
○黒109はちゃんと白110に打つべきだった。地合がよさそうなので厚く打つべきだった。
○つい先日秀策の「神の一手」の存在をしってマネにはならないが雰囲気がでた手かもって黒73を打ってみた(笑)意図としては、左辺の白の打ち込みを警戒しながら、下辺の白88の断点あたりを補いながら、右下の白をチャンスがあれば攻めようかと考えながら、あわよくば右上の黒の地をふっくらさせようと思いまして(笑)



今後の大会予定もパチリと撮ってきました。時間があれば出てみたい・・・



ハンゲームで5秒碁

碁会所はまず行く暇ないし、ネットで19路盤といってもそれなりに時間がかかる。ということで、最近は時間があったらハンゲームの9路盤の5秒碁をしています。2,3分で試合が終わるので、ちょっとした合間にできます。ハンゲームに登録されたことないかたは下のバナーをクリックして登録してみてください。

実際には5秒で打ってくれる人は皆無といっていいほど。私が過去に5秒碁をしてくれた人は3人だけ・・・いまは2人くらいがお相手していただけます。その2人がいなかったら普通の9路盤で遊んでいます。ちなみにいきなり初対面の相手に「5秒」の設定で申し込んだらまず断られる上に「荒らし」と間違えられる可能性が高いのでお気をつけください。

5秒碁をやってて鍛えられるのは「早読み」「手筋(形)」「第1感の精度」「判断力」だと思ってます。お試しあれ。


囲碁の書籍を頂く

先週、東京の叔父から書籍を13冊も頂ました。普通に読んでも半年はかかりそう。ちょこちょこと読ませてもらおうと思ってます・・・前にもらったやつもいっぱいあるんで・・・
囲碁の書籍・古書

囲碁の本をちゃんと読んだのは今年からでして、すごく楽しく読んでます。先人の考えを本で読めるなんて幸せですね。

ところで「芸の探求シリーズ」の3と「現代囲碁全書」の5がないようです。受け継いでそれぞれ集めたいと思います。

どれから読んでみようかしらと^^

で、楽天やらamazonやらで検索しましたが「呉清源黒の布石」というおそらくいっしょな本しか見つかりませんでした。どれも古書に類するのか、もう使えない技術なのか・・・まぁアマチュアの私たちには技術の進化なんて江戸時代の常識でも通用しそうですが^^;

よく観察してみると呉清源棋談・名人(1954年、文藝春秋新社) なる川端康成の著書がありました。小説か随筆かなにかなんでしょうかね。というか、呉清源師でいろいろ検索させていただいたら、な、な、な、なんと映画があるではないですか!!!「呉清源 極みの棋譜」(http://www.go-movie.jp/)なるものが。びっくらこきました。ホームページにアクセスすると宣伝動画が、鳥肌がたちました。見てみたい。宮崎でしないんでしょうかね・・・

大切に後世に伝えていきたいと思います。

[備考]
現代囲碁全書1〜4,6
呉清源布石黒(黒の布石) 呉清源布石白(白の布石)
呉清源棋談・名人
昭和の碁
華麗 藤沢秀行(芸の探求シリーズ1)
怪腕 大平修三(芸の探求シリーズ2)
怒涛 藤沢朋斎(芸の探求シリーズ4)
変幻 山部俊郎(芸の探求シリーズ5)

試合前の練習

今日は午前中に大事な仕事が終わったので、午後は碁会所にいってました。というのもいよいよ次の日曜日に試合があるため。前回の試合3月からまったく打っていないわけで・・・悲惨な目にあわないように少しは石を握ってみました。

3局立て続けにうつのはやっぱり疲れますね。碁会所で2子と3子おいてもらい打っていあだきました。だいぶん軽い打ちまわしや、すぐに打つところと、考えるところのメリハリなど再確認できたと思います。

注意しなきゃいけないのは、しのぎに自信がついたのか 弱い石をぎりぎりまでほおっておく癖があるようです。試合ではもう少し厚く打たねばと思う今日このごろ。明日あさっては仕事が結構あるので、調整せねば。

とにもかくにも初めての3次戦なので悔いのない打ち方をしたいと思います。

| 1/2PAGES | >>