スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

囲碁のススメ

相変わらず更新してませんが、地方の業界冊子へ寄稿を頼まれたため、囲碁の事を書かせていただきました。いやー本当に囲碁人口が増えることに期待!

---以下本文---

 何を語っても良いからって言われたもので囲碁の事でも。どれくらいの方々が囲碁されるでしょうか?宮崎支部長の肥田社長は有段の腕をお持ちと伺っております。職場対抗戦などに宅建協会とかで出場できると楽しそうですね。


 別に僕は日本棋院(注1)の回し者でもなんでもありませんが、これだけ面白い囲碁をこの記事を読んでたったひとりでも良いので始めるきっかきになればと願っております。不動産業界でのホームページの活かし方や今後の流れなんてのを語ろうかと思ったのですがもったいないから企業秘密にしておきます(笑)


 で、「囲碁ってどうやってやるの?」ってよく聞かれます。私は一言では「陣取り合戦みたいなものでルールも単純だよ」って答えています。この「単純なルール」がクセモノ。単純だけに自由度が高く何すればよいかわからんてところが取っ付きにくいんだと思います。逆にこの単純なルールのお陰で1局の盤上には「ひとつの人生」と同じような経験ができるのです。これはぜんぜん大げさに表現しているわけではありません。人生の失敗はそう何度もなんども繰り返すことはできませんが、碁盤の上では何十回、何百回と繰り返すことが可能なのです。こんな尊い時間を何度でも味わえる趣味って世の中にどれだけあるでしょうか!!!


 しかも、お金もぜんぜんかからない。皆さんのご自宅の「床の間」に置いてある「7寸5分の榧の碁盤」と「分厚い蛤碁石」を揃えようもんならば1つ2つ家を売る必要があるでしょうが(笑)なんならリフォームで余ったベニヤ板や石膏ボードに油性ペンで線引いても碁盤なんか作れます。碁会所の席料なんてのもタバコ1箱の値段に毛が生えたくらいなものです。この不況のなか経費を抑えたいと考えている社長はぜひゴルフから囲碁に転向を!!


 皆さんに試してもらいたいのはもちろんですが、お子さんお孫さん達に勧めてみませんか?韓国では脳の発達のために教育ママが子供を囲碁教室に通わせたりしていたり、東京大学でも研究の一貫でH18年からH21年まで教養学部の「囲碁の授業」で単位が取れていたりもしているのです。楽しみながら脳を鍛えるって素敵じゃないですか?皆さんはボケ防止にでも(笑)


 そこで、お孫さんが勝手に囲碁に興味を持たせる秘策を伝授します。それは、2000年前後に流行した漫画「ヒカルの碁」を家に置いておくだけ。この漫画が良い点は囲碁を知らなくても話にのめり込むストーリーです。読んでみたところで囲碁ってどうやるんだろうってなることは必至です。


 脱線しますが、「子供が県外の大学行って就職して、跡を継いでくれそうになくて・・・」と いろんな業界の社長さんから聞きます。そんな社長さんには「サーフィン」をオススメ。東京から湘南(神奈川県)や九十九里浜(千葉県)まで何時間かかると思います?木崎浜(宮崎市)やお倉ヶ浜(日向市)、恋ヶ浦(串間市)まですぐじゃないですか?サーフィンするように試行錯誤して洗脳してみてください。サーフィンパラダイスの宮崎県に帰らないわけがありません。この際「囲碁」と「サーフィン」の文武両道に育ててみますか(笑)


(注1)日本棋院・・・日本のプロ棋士などを統括する囲碁の組織。


---以上本文---

JUGEMテーマ:地域/ローカル



スポンサーサイト

  • 2018.05.25 Friday
  • -
  • 16:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック