スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

iPhoneで囲碁 パート3

iphoneで囲碁」「iphoneで囲碁 パート2」と購入前にiPhone買うかどうか迷って事前に調べた内容でしたが、購入して1年以上たって所感とiアプリを並べておこうかと^^

通常利用しているのはSmartGo Proiconくらいです。トイレで手筋や死活問題を眺めてます。しかも、初級向けのものを。時間があればじっくり高段者向けのものを読みつくすのがいいんでしょうが、できてません。あとは、高段者向けのものを見て第一感で解答してみて、間違っていたらすぐ答えをみてほほー てな具合です。あとSmartGo Proiconでプロ棋士の棋譜を自動再生で眺めたりです。効率がいいかはわからんけど、おもしろいから見てるって感じでしょうか。

あと、tetsukiiconを試し試しは使ってます。後は入れたこともないので、無料なものとかは入れみようかしらというところです。つい先日なぜか対局できたので、またあとでまとめてみたいなと。

下にiアプリを羅列
SmartGo Pro
icon・・・有段者は生活・旅・トイレのお供に必須。江戸時代?くらいから現代までの2万くらいのの棋譜は圧巻。手筋や死活問題あり。現在利用中。

SmartGo
icon・・・350円。基礎から段階的に学習できるチュートリアルが用意されている と解説には。入れたことなし。

tetsuki
icon・・・無料。IGSサーバ等の囲碁サーバで利用できるアプリ。サーバにつなげなくても棋譜管理はできそう。SGFファイルでメールで送信も可能だったはず。

Panda-Tetsuki
icon・・・無料。2010年12月でたばかりのようだ。パンダネットのユーザはもち必須。利用してみた。すぐゲストでログインできる。

IT囲碁 Free
icon・・・無料。1日5局対局できる と解説に。対局メインと思われる。定石がなんちゃらと解説に。9路、13路、19路がありそう。今度いれてみたい。

IT囲碁
icon・・・350円。上の有料版。5局制限がないだけかな?その他不明。

AI囲碁 Lite2
icon・・・無料。9路盤で囲碁の遊び方を教えてくれるチュータ と解説にあり。今度いれてみよう。

囲碁死活300題
icon・・・115円。評価みるとこの価格からの問題数はお得のようだ。処理速度とか言語処理にやや難ありそう。安いからいれてみようかな。


Go Game
icon・・・700円。評価者はひとりだけだったか、かなり不評^^;; サンプル画像みてみても、とりあえず入れないのが無難ぽい。

寺碁屋-GAKU- 無料版
icon・・・無料。一回入れてみたけど使いかたようわからんですぐ削除した。

寺碁屋-GAKU-
icon・・・350円。上との違い不明。解説とかあるので使いやすかったらおもしろげ。ソフトの説明には三、四段を目指す方を対象にしているようです。350円安いと思うかたは是非是非。利用したことなし。

銀星囲碁Lite
icon・・・無料。9路盤のCPU対局ソフト。利用したことなし。

銀星囲碁
icon・・・450円。2011.1.22まで230円のようだ。9路、13路、19路でCPU対局ができるみたい。定石表示機能というのがあるみたい。対局中、定石を表示してくれるのかな?利用したことなし。

Boardz
icon・・・230円。英語。ん!「Game Center」マークがついている。評価みると終局後無意味な手を打つとあり、CPU相手だと弱いと。ってことは対人の対戦ができるのかもーーーーの期待大。IGSサーバとかじゃないから、これまた利用者に限りがあるかもだが、時間待ち合わせして友達と対戦するにはよいかもかもー。今後要調査。利用したことなし。

石倉昇九段の囲碁講座 入門編
icon・・・350円。評価者のコメントは結構GOOD。まったく知らない人がひとりでやってみるにはよいのかも。利用したことなし。

Clever囲碁 Pro
icon・・・230円。CPU対局ソフトみたい。対戦すると思考がアップするってことはパターンとかいろいろ保存して解析しなおすのかな?速度は遅くないのだろうか?利用したことなし。


番外iPad
SmartGo Kifu
icon・・・2300円。iPad用。30000の棋譜と2000の問題というだけですごいが、SmartGo Proiconの棋譜の数と違うのだろうか?情報求む。

スポンサーサイト

  • 2018.05.25 Friday
  • -
  • 17:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック